光脱毛による被害事例と対処法

光脱毛による被害事例と対処法について

脱毛エステ店で主流になっている光脱毛は安全性の高い脱毛方法になりますが、技術の低いサロンであったり、知識の乏しいスタッフが施術をおこなうことで場合によっては被害を受けてしまうこともあります。インターネット上には光脱毛を受けたことで被害に合ってしまったという方をみつけることができますが、具体的にどのようなトラブルがあったのか少し紹介したいと思います。

 

まず光脱毛のトラブルで多いのがやけどです。熱いな、痛いなと感じていてもスタッフに言い出せず、結果皮膚が火傷をしてしまっていたという方が多いです。ひどい場合ですと色素沈着を引き起こし肌の色が元に戻らないという被害を受けてしまうことがあります。またホクロ部分を避けずに照射してしまい、黒子が変質したり大きくなってしまったという方もいます。こういったトラブルはスタッフに知識があれば避けることができるため、信頼できるサロンを選びスタッフともきちんと話ができているかが重要です。

 

この他ですと光脱毛でも永久脱毛が可能、1年で完全に毛が無くなって二度と生えてこないといった脱毛効果に関するトラブルです。基本的に光脱毛では永久脱毛することはできません。また個人の毛周期に合わせて施術が必要なため期間を限定して絶対に毛が無くなるということは言いきることができません。体質によっては2年以上の期間をかけて脱毛を受ける必要がありますから、光脱毛後は絶対に二度と毛が生えてこないといったサロンは避けてくださいね。

 

脱毛 被害